【米国】 脳腫瘍手術後の障害の少女、空港のセキュリティチェックで職員に殴られ血まみれに

1 / 11

【米国】 脳腫瘍手術後の障害の少女、空港のセキュリティチェックで職員に殴られ血まみれに
1 名前:あしだまな ★:2016/07/04(月) 14:55:58.81 ID:CAP_USER9.net

1米運輸保安局(TSA)からアメリカの空港に配属となり、搭乗者の荷物や身の回り品を厳しくチェックする係官たち。彼らについてはかねてから「態度が悪い」との声が続出しているが、そんな市民感情が激化するような事件がテネシー州で起きた。

このほどテネシー州のメンフィス国際空港で、搭乗前のセキュリティチェックに臨んだ女性がTSA職員により殴られて顔中血だらけとなり、泣きながら助けを求めるという事件が起きた。女性は19歳のハンナ・コーエンさん。メンフィスにある「セント・ジュード病院」で脳腫瘍の外科的治療を受けた後、晴れて自宅に戻るところであったという。

地元メディア『WREG-TV』が母親のシャーリー・コーエンさんとのインタビューをもとに伝えたところによれば、金属探知機を無事通過するも、さらなる検査を次々と求められたというハンナさん。うんざりしながらそれに応じていたが、彼女は聴力、視力とも片側しか機能していない上、脳機能の低下によりちょっとした問いかけにもスムーズに答えられないことがある。そんな彼女にTSA職員は厳しくあたり、逃げようとするとその頭を掴んで床にねじ伏せて殴り、空港警察に身柄を引き渡したという。

手錠とともに留置場に入れられたハンナさんへの疑いはほどなく釈放となったものの、家族は「怒りを抑えられない」としてTSA、メンフィス警察、および空港警察を提訴した。TSAの広報を担当するサリー・コシェツさんは同メディアの取材に、「身体障がいなど特別な条件下にある搭乗者は、自らセキュリティチェックの係官に事情を説明するべきなのです。またどのような検査をするのか、前もって電話などで確認してみるのも手です」との答えを返している。
http://japan.techinsight.jp/2016/07/http://japan.techinsight.jp/2016/07/yokote2016070313510.htmlyokote2016070313510.html

続きを読む

 記事引用元
【米国】 脳腫瘍手術後の障害の少女、空港のセキュリティチェックで職員に殴られ血まみれに

 30代までに9割の女性が自慰行為を経験…そして毎日する人の割合は・・・

茨城のコンビニで”めちゃくちゃエ□いボイン女(Fカップ)”がバイトしてる。

【知らなきゃ損!?】ニートの俺を支える正攻法でスマートな裏ワザの全貌がココに!ww

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

交尾できなかったオスバチの運命が完全にニートの末路だと話題に
【悲報】ラブライバーの悪行一覧がヤバ過ぎるwwwwwwww
平成生まれにゃわかるまい。懐かしの「ツッパリ用語」一覧wwwwwwwww
こんなの売れるわけねえだろwwwwwwwwwwwwwww
ほとんどの働きアリは働いてなかったことが判明
【45枚】ガチで闇深い画像貼ってくwwwwwwwwwwwwww
BMW、「X3」のディーゼル排ガスが欧州基準を上回る
俺「1001円です」ジジイ「2000円スッ」俺「(頼むぞ…)」
【画像まとめ】 Boketeで笑ったら三連休没収wwwwwwwwwww
【画像あり】橋本環奈を上回る「世界一」の美少女が現る!!!!!
ネット回線の解約料が50000円もしてワロタwwwwwww
男は性欲の塊とか言ってる女wwwwwwwwwwwwww
無人島が1日7万円で貸し切りできるぞwwwwwwオフ会しようずwwwwwwwww
コンビニで商品詰めてもらってるときってさwwwwwwwwww
漫画「 ちょっと眠ってろ(首チョップ)」ってヤバくね?wwww

Menu

HOME

TOP