事故から30年、チェルノブイリ原発周辺は動物の楽園に…生物学者「放射能よりも人間の存在が悪影響」

1 / 11

事故から30年、チェルノブイリ原発周辺は動物の楽園に…生物学者「放射能よりも人間の存在が悪影響」
1 名前:ニライカナイφ ★:2016/04/26(火) 10:12:07.37 ID:CAP_USER

1◆事故から30年、チェルノブイリが動物の楽園に
1986年4月26日にチェルノブイリ原発事故が起こってから、今年で30年。人類史上最悪と言われた原発事故の現場周辺に設けられた立入禁止区域は、今ではあらゆる種類の動物たちがすむ楽園となっている。

見つかるのは、ヘラジカやシカ、ビーバー、フクロウ、ほかにもこの地域には珍しいヒグマやオオヤマネコ、オオカミまで多岐にわたる。高い放射線量にも関わらず、人間による狩猟や生息地の破壊に脅かされることがないため、動物たちは数を増やしていると考えられる。

現時点では、ウクライナとベラルーシにまたがる立入禁止区域内の動物たちの健康状態について、専門家たちの意見は分かれている。米ジョージア大学サバンナリバー生態学研究所の生物学者ジム・ビーズリー氏は、4月18日付「Frontiers in Ecology and the Environment」誌に論文を発表し、ベラルーシ側にすむ大型哺乳類の数が事故以降増加していると報告した。

ビーズリー氏は、ナショナル ジオグラフィック協会の研究・探検委員会の支援を受けて、この地でオオカミを調査している。5週間の調査に入ったビーズリー氏は、現地で見かけた動物の数の多さにびっくりしたという。仕掛けていたカメラトラップ(自動撮影カメラ)には、バイソン1頭、イノシシ21頭、アナグマ9匹、ハイイロオオカミ26匹、タヌキ60匹、アカギツネ10匹の姿が捉えられていた。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010002-nknatiogeo-sctch

続きを読む

 記事引用元
事故から30年、チェルノブイリ原発周辺は動物の楽園に…生物学者「放射能よりも人間の存在が悪影響」

 30代までに9割の女性が自慰行為を経験…そして毎日する人の割合は・・・

【画像あり】ズッキが痩せてただのブスになった件wwwwwwwwwww

恋愛占い専門のWishで、男女の悩みも解決!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

嫁「これ私が買ったんだから、勝手に使わないでよ!」って言われたんだが・・・
全大手百貨店 中国人の爆買いが突然消滅 天国から地獄へ
【川崎国】 友人たちがラップで追悼「俺らがカミソン(上村君)を忘れないでこういうこと二度と起こさせちゃダメって俺らは発信したい」
平昌オリンピック向けに建設中だった橋が大崩落 手抜き工事が原因か?
【画像】5年ぶりに外出したら星がめちゃくちゃ綺麗でワロタwwwwwwwwww
【悲報】ゆとり新入社員、パソコンの操作が分からず仕事が終わらないwwwwwwww
【画像】AKBの若手可愛すぎてワロタwwwwwwwwwwww
ニコニコとユーチューブってどっちが先に衰退していくと思う?
noimage
ジュンク堂渋谷店、SEALDsコーナーを撤去した模様wwwwww

【まとめ】こうゆう女をバカにした画像くれよwwwwwwwwwww
【速報】和歌山県沖で韓国の船が爆発 韓国人3人死傷
【悲報】審判「彼女の名前を言わないと、ストライクゾーンを広げるぞ」と脅す
白人と結婚した結果wwwwwwwww

Menu

HOME

TOP